製造プロセスのご紹介

 

100% MADE IN GERMANY

100% MADE IN GERMANY

膜材の独自開発プロセスでは、特殊な材料が使用されています

塩基性化合物に最初のコンポーネントを追加した

後の膜材料の2つの中間段階

サンドイッチ膜の外層は、圧力と温度によって形成されます

膜材料は外側のホイルの間でプレスされます

4コラムプレスに基づくプロセス専用に構築された機械

専用の測定装置を使用した曲げ剛性の測定

膜材の光学チェック

Mangerサウンドトランスデューサーの心臓部

全ての膜材がその全てのパラメーターで測定されます

2本の0.1mmの細いワイヤーをキャリアに巻きつけます

巻線の数と位置は正確に一致させる必要があります

巻線は温度下で接着されます

熟練した者によるハンダ付けに勝る物はありません

電気テストの前の完成したボイスコイル

小さいが強力、ネオジウムは現在最強の磁性材料です

ここではまだ磁化されていません

磁石システムは、極片、極板、及び磁石で構成されています

こちらはポールピースです

15個のネオジウムディスクは、

真空を使用してポールピースに接着されます

マグネットシステムへの接着剤の塗布

ここで使用されているのも、特別に専用設計されたデバイス

ボイスコイルを膜材上に接着しますが、

ここでも、許容誤差は±0.001mmの範囲でしかありません

マグネットシステムは、パラレルデバイスを介して

アルミニウムバスケットに慎重に装着します

Mangerサウンドトランスデューサーの音響的及び

電気的最終テストの後、組み立ての準備が整います

磁石システムの図、中央の吸収体

Mangerサウンドトランスデューサー本体の厚さは、

わずか21mmです

正面図では、9角のスターダンパーを見ることができます

キャビネット生産の様子

モデルs1のバッフルはここでスライス加工されます

多段階塗装の準備、余分な接着剤を取り除きます

広い領域は機械を使用して研削されます

ここでも手作業が必要で、R部分等は手でヤスリ掛けされます

ペインティング

制振材を備えたキャビネットへの

Mangerサウンドトランスデューサーの組み立て

バーンイン後(通電後)、製造された各スピーカーは

音響的及び電気的に測定されます

いわゆるステップ応答の測定、

全てのプロトコルは開発の開始以降保存されています

“Manger Sound Transducer”の製造はもちろん、

エンクロージャーの組み立て研磨、塗装など、一台一台工程の全てを

ドイツ国内で熟練のクラフトマンにより高品質な手作り生産を行なっております

“Manger Sound Transducer”の製造はもちろん、

エンクロージャーの組み立て研磨、塗装など、一台一台工程の全てを

ドイツ国内で熟練のクラフトマンにより高品質な手作り生産を行なっております